8/11の報告

この2週間自粛生活をしていました。(コロナとは無関係)
ーーー
4月から非常勤開始したグループホームで7月28日(火)
首肩に違和感を感じましたが持病の首肩の痛みで気にもしていませんでした。
勤務後、体温計測は平熱。
帰宅した妻と食事をし「体調が悪いから」計測、37度。
妻は病院勤務なので大事を取り部屋を別々にして寝ていて37度5分、深夜には38度、夜中に目覚めた時は38度4分に。
目覚めの理由は強烈な首と肩の痛みそれに凍えるような寒さ。
お風呂に入り暖かくなり少し眠れそうと感じた時、強い吐き気と目の前が赤と青がぐるぐる回るようなめまい。
心配して起きていた妻を押しのけるようにベッドに倒れこみました。

7110に電話、熱や首肩の痛み吐き気めまいの事を伝え、看護師のチェック項目に返答をしたところ「救急要請すべき」との判断で妻と相談し救急要請。

やっと近隣病院がOKで搬送。救急医師は髄膜炎の疑いで簡単な検査をしたが問題もなし。咳や胸の痛み・呼吸困難等が皆無なので新型コロナウィルスは無いと判断。解熱剤をもらい、そのまま通常の帰宅。
振り返れば、2011年から首肩痛は強く、デイサービス勤務時も38度超えで強制帰宅もあった。内科・整形外科など行くが原因不明。痛み止めか温熱治療を行う程度。
毎年首肩痛に悩まされ、2016年にMRI・MRA画像診断。「いたって健康」と言われ、整形外科も「ごく軽いストレートネック気味」との診断。
整体院で「首・肩の筋肉が凝りがあまりにひどい。解していけば良くなるよ」と通うととても楽になりました。
こんな経過を経て首肩の痛みは1年中。特に春〜夏は痛みが生活の一部。
2019年夏、ヨガの先生が「頭の後ろに押して気持ち良いところがあったらきっと楽になるかも」ツボ押し棒で押すととても楽になる。頭痛の対処法獲得のおかげで問題になっていませんでした。しかし、これまでと違い首肩痛の状態は今は10なら、これまでは6程度。
ーーー
えがおの入稿もあり、活動可能日の昼間は病院や整骨院に通い、極力外出を控えて体力を温存し、軽いストレッチを行い安静にしていました。特に午後から夜間はぐったり。
首肩痛で夜中に起きる日々。眠れぬ夜を過ごし、調子の良い午前中になるべく用事を済ませてきました。
悪い習慣ですが普段スマホを見る習慣を控え、パソコン作業も最小限に。メガネも新調。
えがお作成以外はほとんどパソコンも起動しない日々。前傾姿勢の乗車姿勢のバイクも交換を検討しています。(使っていない姿勢が楽な250ccあったら教えて)
素晴らしい医師や整体師、そばで優しく見守ってくれる妻がいて、マンション中の人が何かあったら声かけてね、と声かけてくれます。
予定していた菊名みんなのひろばのイベントを延期してしまったり、オンライン会議とはいえ、睡眠不足から眠ってしまったりと大失敗です
ーーー
先ほどそんな私が生懸命作ったえがお9月号を入稿しました。
現在の熱は37度5分程度(朝は36度台夕方夜は高くなります)
肩甲骨の下から後頭部の耳のあたりにまでちょうど上半身の形をしたトルソーのような厚い鉄板が入っているような状態が続いています。
ーーー
でも。
せっかく両親が授けてくれた持ち前の明るさと、前向きに進める力と、なんでも忘れてしまうけれど積極的な好奇心が僕らしいエネルギー。
50代も半ばを超え人生の終盤に真剣に向き合わなければなりません。
どこかの道で倒れていてもその時の迷惑を最小限にしてでも前向きに生き続けていきたいと思います。

僕のいるところは「少しうるさいかもしれないけれど、そこには笑いがあり、手を取り合う優しさがあって、戦ったり、非難したり、責めたり、責任追及のない、本当に生きづらさを抱えている人の癒しや慰めや許しの場所になるように、そして僕らしくくだらない話題でえがおを届け続ける場所」であるよう生きていきたいと思います。
感謝をはるかに超えて僕を支えてくれる人生の終盤に出会った妻、生まれてからこの方一緒に暮らしてくれた兄と妹、そしてこのように命を授けてくれた両親に恥じない生き方をしたいと思います。


よく言えば、命を全うして、そして悪く言えば動物の1つの個体が呼吸を終えるだけのことです。
僕らしく僕らしく僕らしく、あっちこっちに迷惑をかけるけどでも心のそこから出会う人すべてが笑顔で暮らせるよう頑張ります

コメント

タイトルとURLをコピーしました