考えさせられること。

多くの介護施設で使われている介護用品。

多くの場合は介助用車椅子のことです。

その他ポータブルトイレやシルバーカー、歩行用の杖など個人で購入をし使用しているものたくさんあると思います。

人には寿命があります。

このような介護用品を使っていてお亡くなりになる方がいるのは当然のこと。

これが今、不要となりいろいろな場所に放置されていることになっています。

しかし次の介護用品を使う状況が見つかることもなく、多くの場合大きな施設の場合は保管場所と言う名の廃棄場所があることもあります。

これらのものを活用する手立てぜひ考えていきたいと思います。

写真はイメージです。

車椅子