おはようございます

昨日は第101回神奈川県高校野球夏季大会の決勝戦に行ってきました。

わが母校東海大相模と日大藤沢の対決です。

私の後輩たちがそれこそ全力を尽くした練習の結果決勝戦まで来ることができたのです。毎年上位まで食い込み応援を先輩としてすることができてとても幸せです。

この日は同じ中学から東海大相模に一緒に進んだ同級生そして妻そしてデザイナーをしている木村さんと一緒に応援することになりました。


緊張の中30,000人もの観客を呼び込んだ試合は始まりました。


序盤で大量得点を入れることができ試合をリード。

中でも応援団同士のエールの交換は私の心の琴線にを強く動かします。試合前にお互いに相手に応援を送り互いにそれを拍手で受け取る。当たり前のことのようですが私たちが高校生のように普段からできているか考えさせられることですね。

多くのOBたちが集まり、もちろん在校生たちもたくさん集まり、嬉しいことに夏季大会優勝、甲子園大会出場が決定しました。

最後の最後まで力いっぱい前進でのプレイを続けた我が後輩たち、それ以上に熱いプレイ・応援を続けた日大藤沢の選手・監督親子関係者の皆様の素晴らしい気持ちを受け取ることができました。

毎回後輩たちの頑張りを見て思うことですがもっともっとがんばらなければそう心に誓う夏の1日でした。