2020年2月

  • 2020.02.23

母の日

1992年の今日 母が他界した。母のいない年月がもう27年。 でも母がなくなった年齢まであともう2年。 僕らを残していったその日。 母は美しいままだった。 夕焼けに輝く柿がなにかのきっかけでサッと枝を離れていく、そんな母だった。 その日からなにか歯車の歯が一つかけているようなそうでないような日々を過ごしている。 そうだ。 僕の心のなかにある幸せの水甕が容量不足としっているような感覚だ。 そうして荒 […]

  • 2020.02.10

ぼくにはまだまだ余力がある

僕にはまだまだ余力がある 苦しくも辛くもないしまだまだ前を向いている 街なかの電柱のように立っていることができる。 だからもっと困りごとを抱える人のためになにかできる!って思った。 その中でも高齢者のことはいつも気になる。 変な喩えだが「手っ取り早く」困っていて 「ちょっとしたこと」でも喜んでもらえる。 そう リターンは大切なのだ。 だから僕の中では香りや小さな変化と同様にその存在感をもってぼくは […]

  • 2020.02.03

救急要請 2012年5月26日

昨日は雨で、でも営業に出たかったので川崎市中原区や幸区を自転車に雨具で走り回っていました。その距離30kmはゆうに超えていたと思います。昨日の14:19 僕は救急車を要請しました。その少し前、川崎市にある鹿島田駅を少し超えたところの商店街の交差点で信号待ちをしていました。そこの向かい側の道を走ってた自転車が後ろ側に、前輪があがる形でひっくり返ったのです。中年の男性が自転車に合わせて後頭部からひっく […]

2015年4月の日記

おはようございます。 昨日はお休みで今年の初めてソロツーリングに出かけました。 こういう時には大きなバイクは安定していいいなぁ(^_^) 起きて天気を見たら「最高温度24度」だったので「よーし!行こう!」 目的地は今年はじめての「道志の湯」でした。 そしてcoffeeをボトルに落としたら出発でした。 環状2号線→保土ヶ谷バイパス→16号→413号をひたすら走りました。 途中「牧野峠」という表記を見 […]